Welcome to
Toranomon Hills!
ようこそ虎ノ門ヒルズへ!

虎ノ門ヒルズについて

国際新都心・グローバルビジネスセンター形成へ

虎ノ門ヒルズエリアでは「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(2014年竣工)と「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(2020年竣工)に続いて、「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」( 2021年 1 月竣工予定)、東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」と一体開発する「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」( 2023 年 7 月竣工予定)が建設中です。

これら全てが完成すると、「虎ノ門ヒルズ」は、区域面積7.5ha、延床面積80万m²、約30万m²の国際水準のオフィス、約720戸のレジデンス、約26,000m²の商業店舗、約350室のホテル、約15,000m²の緑地空間を備え、道路や鉄道などの交通インフラとも一体化した複合都市が誕生。「六本木ヒルズ」に匹敵するインパクトを与える国際新都心・グローバルビジネスセンターに進化します。

周辺では、「The Okura Tokyo」や「虎の門病院」、「東京ワールドゲート」などの大規模な再開発プロジェクトが新たに竣工。「森タワー」の地下を貫通する環状第二線に続き、「虎ノ門ヒルズ駅」や東京BRTなどの交通インフラをはじめ、国際新都心・グローバルビジネスセンターにふさわしい、住宅、ホテル、商業施設、医療施設など様々な都市機能の整備も進んでいます。

都市インフラの拡充

「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」1階のバスターミナルには、東京BRTなどが発着。周辺市街地を結ぶバリアフリーにも配慮した歩行者ネットワークも整備しています。また、環状第二号線の開通により、羽田空港や成田空港ともスムーズなアクセスが可能となり、「虎ノ門ヒルズ」は、世界と都心を繋ぐ、東京の玄関口となります。

エリアをつなぐ緑

「虎ノ門ヒルズ 森タワー」のオーバル広場、「ビジネスタワー」および「レジデンシャルタワー」の低層部の緑が連続。さらに、隣接する愛宕山や愛宕グリーンヒルズの緑とも緑道でつながることで新たなグリーンネットワークをつくり出します。

地域の防災拠点として機能

帰宅困難者対策として、「森タワー」には約3,600人分、「ビジネスタワー」には約1,000人分の一時滞在施設を整備。合計約5,000人規模の滞在スペースを確保します。また、備蓄倉庫や防災井戸、災害用電力を備え、地域の防災拠点としての役割を果たします。

独自のエネルギーネットワークを構築

ビジネスタワー地下には、虎ノ門ヒルズエリア内に、電気と熱を供給する独自のエネルギープラントを設置。エネルギー利用の効率化と防災機能を強化するために、ガスコージェネレーションシステム(CGS)などの自家発電システムや、大規模水蓄熱槽・廃熱利用設備を活用した高効率熱製造システムを導入し、環境に配慮したエネルギーネットワークを構築します。
また、災害時においても都市機能の継続に必要な電気・熱の供給を実現しており、グローバルビジネスセンターの安心・安全面にも貢献します。

虎ノ門ヒルズ 施設概要

虎ノ門ヒルズ 森タワー

東京の新たなランドマークとなる
超高層複合タワー

地上52階建て、高さ247mの超高層複合タワー「虎ノ門ヒルズ 森タワー」は、立体道路制度を活用して環状2号線と一体的に建築した、官民連携による象徴的なプロジェクトで、東京都が外国企業誘致を推進する「アジアヘッドクォーター特区」に位置します。

最高スペックを備えたオフィス、抜群の眺望とともにホテルサービスを利用できる国際水準のレジデンス、ライフスタイルホテル、大規模カンファレンス施設や多様な都市活動を最大限サポートする商業施設、約6,000m²のオープンスペースなどで構成。東京を代表する新たなランドマークとして、エリアに新たな魅力・賑わいを創出しています。

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

インキュベーションセンターを併設する
国際水準の大規模オフィスタワー

グローバルレベルの大規模オフィスと商業施設を中心としたオフィスタワー。起業家や大企業のエグゼクティブが集うサロンやイノベーターを育成するインキュベーションセンター「ARCH」も開設し、虎ノ門ヒルズエリアから、新たなビジネスの創出を支援していきます。また、日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」や銀座線「虎ノ門駅」とも連結するほか、1階には都心と臨海エリアを結ぶ東京BRTや空港リムジンバスも発着可能なバスターミナルを設置。世界と都心を繋ぐ、東京の玄関口としての機能を併せ持ちます。

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

MORI LIVINGシリーズ最高峰となる
レジデンシャルタワー

「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の存在感を尊重しつつ、「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」と一体的にデザインされた地上54階建てのレジデンシャルタワーです。森ビルの高級住宅ブランド「MORI LIVING」シリーズ最高峰の住宅(約550戸)として、ディテールにまで徹底的にこだわり、成熟した日本ならではの住まいを提供します。会員制の「ヒルズスパ」を併設するほか、低層部には約1,000㎡の商業空間を設け、デッキを通じて「森タワー」や「ビジネスタワー」とも繋げることで、虎ノ門ヒルズエリアの回遊性を高めます。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

街と駅が一体的に整備される
ステーションタワー

東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」と一体的に開発する超高層タワーです。駅直結の賑わい溢れる開放的な広場に加えて、桜田通り上に歩行者デッキを整備することで、重層的な歩行者ネットワークを実現。虎ノ門エリアの新たな交通結節拠点となります。

地上49階建て、高さ約265mの超高層タワーには、基準階約1,000坪のオフィス、広場と一体となった商業施設、国際水準のホテルなどを整備。また、最上部には様々なビジネスイベントに対応するフォーラム、ギャラリー、レストラン等を有する多機能複合施設を配置し、新たなビジネスやイノベーションの発信拠点になることを目指します。

オフィス

虎ノ門ヒルズエリアには、拡大・進化を続ける虎ノ門のランドマーク「虎ノ門ヒルズ 森タワー」と、グローバルビジネスと日本独自のイノベーション創出の拠点「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」という、グローバルビジネスのエンジンとなる最高グレードのオフィスビル2棟を擁しています。

虎ノ門ヒルズ 森タワー

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

レジデンス

働く。食べる。楽しむ。憩う。学ぶ。健康になる。刺激を受ける。東京の魅力を最大限に楽しめるロケーションが虎ノ門ヒルズのレジデンスです。
すべてが徒歩圏内にあるコンパクトシティでの暮らし。卓越したホスピタリティと先進の耐震性能とセキュリティがもたらす安心感。国際色豊かなコミュニティとそこから生まれる新しい出会い、新しい発想。虎ノ門ヒルズのレジデンスは、東京の新しい発想と暮す「ライフスタイル」を提供しています。

虎ノ門ヒルズ レジデンス

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

商業施設

「虎ノ門横丁」予約サイトが公開されました。

虎ノ門横丁

「虎ノ門横丁」には、これまで多店舗展開をしてこなかった東京中の名だたる人気店26店舗が集結しました。本店ではコースのみの提供となっている店舗もアラカルトで注文できるので、様々な店の珠玉のメニューをお楽しみいただけます。また、料理に加えて、東京の島焼酎と青梅の名水を原料としたクラフトジン蒸留所や、ワインを購入すればBYO(Bring Your Own)スタイルで、名店の味とお気に入りのお酒のペアリングをお楽しみいただける「虎ノ門横丁セラー(HAND PICKING WINE)」も設置。加えて、「虎ノ門横丁」の店舗セレクトを担当したマッキー牧元氏監修の「虎ノ門横丁POPUPレストラン」には、異彩を放つ話題店が期間限定で続々と登場します。

虎ノ門ヒルズ 商業施設

虎ノ門ヒルズ 森タワーの1階から4階までの商業エリアには、「Communication Hub」をコンセプトに、国内外のお客様のニーズに応える世界各国の料理を楽しめる飲食店舗や、オフィスワーカーをサポートするサービス店舗を配置。
虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー地下1階~地上3階には、飲食から物販・サービスまで、グローバルプレーヤーの衣食住をサポートする、計58店舗(約7,600m²)の商業空間が誕生します。

ビジネスセンター

虎ノ門ヒルズフォーラム

3つのホールで約2,000名を収容する、エリア最大規模のカンファレンス施設です。無柱・分割可能な3つのホールとミーティングルームで構成され、国際会議やシンポジウムなど多様なイベント開催に理想的な空間です。羽田空港からもアクセスが良く、東京と世界をつなぐハブとして、国際交流や情報発信の新たな拠点を目指しています。

ARCH 虎ノ門ヒルズ
インキュベーションセンター

ビジネスタワー4階には、「グローバルビジネスセンター」の重要な構成要素のひとつとなる、約3,800m²の大規模会員制インキュベーションセンター「ARCH」が誕生。施設内には、ミーティングルーム、コワークスペース、スクールルームなどを設置し、施設の企画運営には、米国シリコンバレーを本拠地として、ベンチャー投資・育成事業のほか、大企業の事業創出支援などを手掛ける「WiL」が参画。大企業の新規事業創出実績のあるエキスパートが、会員同士のコミュニケーションを促進しながら、新規事業創出に必要となる様々なノウハウ、サービス、教育プログラム、啓発イベントなどを提供し、強力にバックアップしていきます。
この施設は、人・モノ・金・情報などの豊富なリソースを持つ大企業内部における事業改革や新規事業創出を支援することで、日本独自のイノベーションエコシステムの拠点となることを目指します。

広場・公園

オーバル広場

広大な芝生が広がるオープンスペースです。道路の上下に建築物を建設できる「立体道路制度」を活用した「虎ノ門ヒルズ 森タワー」は、地下に環状第二号線を貫通させ、地上部を歩行者と緑に開放。地元住民やオフィスワーカーをはじめ、訪れた人々がゆっくりと散歩や緑を楽しめる空間を実現しました。

西桜公園

西桜公園は、面積が約1,500 平方メートルの緑豊かな公園です。 歩行者デッキと接続して整備され、隣接する愛宕山の緑や緑道までつながる緑のネットワークを形成しています。春にはカンザン・ソメイヨシノ・カンヒザクラなどのさまざまな桜も楽しめます。

ホテル

ラグジュアリー ライフスタイルホテル
「アンダーズ 東京」

ヒンディー語で「パーソナル スタイル」を意味するハイアット系列のラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」は、地域の個性や魅力を取り入れ、快適でありながらも刺激的なご滞在を提供するホテルです。レジャーやビジネスに便利な東京の中心に位置するアンダーズ 東京からの美しいパノラマ眺望をご覧いただきながら、ゲスト一人ひとりがご自身の スタイルで居心地の良い上質な時間をお楽しみいただけます。


「新虎通り」沿道開発の推進

「虎ノ門ヒルズ 森タワー」とともに整備された東京の新たなシンボルストリートです。エリアマネジメント活動として、国内外の文化・情報の発信拠点にふさわしい様々な仕掛けやイベントを行っています。新虎通り周辺には、街区の統合・再編を実現した第1号プロジェクトとして「新虎通りCORE」も誕生。総貸室面積約1万m²のオフィスに加え、3階には約600m²のインキュベーションオフィスを備え、カジュアルで使い勝手の良いレストランのほか、新虎通りに面した1階の区画にはイベントスペース機能を兼ね備えたカフェ「THE CORE KITCHEN/SPACE」も開設しました。多様な人々が集い、交流し、アイディアを生み出す新たなコミュニティの場として、またエリアマネジメント活動の拠点として、ここから新虎通りエリアの賑わいを創出し、沿道開発を牽引することで、虎ノ門ヒルズエリアの進化・発展に貢献します。

Post Image
新橋と虎ノ門を結ぶ新虎通り

パブリックアート

「虎ノ門ヒルズ」には、カルチャ―の発信地としての役割も担うべく、現代を代表するアーティストが東京や「虎ノ門ヒルズ」のあるべき未来に思いを馳せ完成させた作品を至るところに設置しました。
美術館のような作品を揃えながら、美術館以上にそれを身近に感じることができます。ここからアートと人の新しく、素敵な関係が生まれることを期待しています。


Hello, I’m Toranomon.
ぼく、トラのもん。

abouteme

みなさん、こんにちは。22世紀のトーキョーからタイムマシンに乗ってきました。
ネコ型ビジネスロボット、トラのもんです。なんのために来たのかって?
それは、みんなと一緒に「Mirai Tokyo」をつくるため。世の中をイノベーションしていくたくさんのアイディアを、ここでカタチにしていくんだ。
さあ、虎ノ門ヒルズから「Mirai Tokyo」はじまるよ。22世紀のトーキョーは・・・うふふ。

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 2F ワゴンショップにて
トラのもんキャラクターグッズ販売中。

お問い合わせ:TEL 03-5771-9711
©藤子プロ
©森ビル